スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

婚約者お披露目会 

昨日は土曜日。週末だからいつものようにじゅん君は
ソウルの実家に帰るのかな?と思いきや、テジョンというところで親戚の集まりがあるとのことで、行ったらしい。

その集まりとやらは、じゅん君のお父さんのお兄さんの息子、つまり従兄弟が結婚するので、親戚にお相手の女性を紹介するお食事会とのこと。

非公式なもので、正式な儀式があるわけでもなければ、彼女の両親が来るわけでもない。純粋に彼女を皆さんに会わせて、当人たちは質問攻めにあうというもののようです。

僕たちもきっとするよ。


ええ!そんなの無理。



その帰り道、車中で両親とやっぱり私たちの結婚話になったらしい。

焦点は、韓国ならでは

結婚にかかるお金。

少しは知っていたけど、数字が現実的になると怖いです。

家は男性の両親が

家具などは女性側が

じゅん君のお母さんがざっとはじき出した額は

2億5千万ウォン也

*家、式、生活準備費用、新婚旅行など

日本では、少なくとも私の周りでは、式などの準備から費用の負担は2人でなんとかするもの。結納とかそんなのは別として。

両親の金銭的なサポートはお祝いとしていただくもの。ましてや、お互いの両親がお金はどうするか相談したりなんかしない。タダでさえ金銭の話は恥ずかしいものと考えるところがある日本人には厳しいです。

仮に折半だったとしてもわが家には無理

これが国際結婚というものなんだと序章から壁にぶつかったのでした・・・・



それでも、じゅん君のお母さんは、結婚式会場探しや、お家探しを張り切っているらしく、若干楽しそうなのだとか・・・・。一人息子だし、そして私は外国人。2人には助けが必要だと思って、私達の結婚準備の事考えるのはきっと楽しいんだろうな〜。

お母様、お任せするので色々な面でよろしくお願いします^^


あ、でも私達まだ結婚決まってないし(笑)
スポンサーサイト
[ 2012/11/11 20:16 ] ☆結婚まで☆★☆★ | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。