スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

”情”の国韓国 急きょ訪韓 

急きょ韓国に行って来ました。


地震のあった前日の夜、18日から4連休を取っていた(特に予定は入れていなかった)ので、急きょ韓国へ行く事にしました。タイミングで、韓国行き航空券で出せる上限ギリギリの額で空席がみつかったので。

そして、半日も経たない11日に地震は起こりました。

私は、夜勤当日だったので、出勤前で家でゆっくり過ごしていました。じゅん君ともスカイプが調度つながってて、そろそろ寝ますと言いかけていたころに激しい揺れ。

何をしていよいのかわからず、ただただ怖かったのを覚えています。




宮城県石巻市に住んでいる兄。

ちょうど、東京から帰る途中のバスの中で地震に遭遇。

奥さんと1歳になる息子は、石巻の社宅に無事にいたのですが、兄も家に到着するまで3日かかり(その間連絡は全く取れなかったそう)、社宅はたまたま地盤の堅い高台に位置していたから無事だったものの、街も会社もひどい状態だということはテレビのニュースで連日放送されている。

無事で良かった。ただその一言。



韓国へは、直前まで行く事をキャンセルしようと思っていたが、兄家族も無事だったので予定通り韓国へ行く事にしたのでした。


今回は遊びに行くというわけではなくて、心配してくれたじゅん君とその両親に顔を見せに行くため。


前から、韓国人は"情"の熱い儒教の国とは聞いていたけど、韓国に降り立ったその瞬間からそれを感じました。


空港にも、街にも、日本を応援する言葉の数々と募金運動。感謝とともに、涙があふれて来ました。離れた国で、母国を力づよく応援してくれていることをこの目で見る事ができて、今まで以上に韓国と言う国が大好きになりました。

パワーをもらって先ほど帰国。


スポンサーサイト
[ 2011/03/21 17:22 ] ー2011.3震災後の訪韓 | TB(0) | CM(6)

3月☆1日目 ① 

出発日前日は、夕方まで仕事。
その後は、会社の仲間と前々から約束していた食事。
地震だったから自粛しようかという話もありましたが、これじゃ経済も回らないし、みんなでいれば伝金の節約にもなるという事で予定通り開催しました。


私は、始発で羽田空港へ向かうと、万が一計画停電で江依拠を受けたりしたら、飛行機に乗れなくなってしまうので、前泊で、品川プリンスに泊まりました。


朝9時の便で韓国へ。ほぼ満席。


CAさんの目の前の席だったので、到着後、席を立って待っていたら

韓国に戻られるんですか?」と日本語で(ANAだったのでもちろん日本人のCAさんでしたが)

いえいえ、知人に会いに行くんです。と私。


私は、どう見えたのかな。韓国人に見えたのかしら、それとも韓国に嫁いだ日本人?それはさすがに聞けなかったけど、少しの間お話をしたのでした。

韓国行きは満席ですが(韓国人が緊急帰国するため)、日本行きのフライトはキャンセルが出て空いていますよって。



空港に到着して、入国審査後になんと

放射能測定器ゲート!!

そこまで敏感になっているなんて・・・・ちょっとショック。

通るかどうかは任意でした。


相変わらず荷物を預けずにいたので、飛行機降りて15分程度でじゅん君と再会!!

今回は遅刻せずに待っていてくれました。


いつもは、会った瞬間は、ちょっと恥ずかしくて、うれしそうにハグしたそうなじゅん君をちょっと避けちゃったりしていたのですが、今回は素直にじゅん君に再会出来た事が嬉しくて、じゅん君がギュッとしてくれて心から嬉しくて、安心して、思わず涙が出て来てしまいました。

日本では、私なんかとは比べ物にならないくらい大勢の人達が、もっともっと苦しくて、辛い状況でいる。泣いてなんかいられない。そう思っていたので、思わず日本以外の人から直接優しい言葉をかけられて緊張感が緩んだんでしょうか・・・。

ま、とにかくホッとしたのでした。とりあえず少しの間、余震に怯える心配はなくなっただけでも心のストレスは解消されました。




宿泊先は、南大門近くのRex Hotel

じゅん君が頑張って探して予約してくれました。いつもは私が全てやっていたのですが、急に決まったし、地震で会社もバタバタしていたので、今回はじゅん君に敢えて任せてみました。ちょっと、後輩の成長を見守る気持でした(笑)
よくできました。なかなかリーズナブルに、立地も悪くなかったですよ、じゅん君^^


腹ごしらえ。

いつも韓国料理中心だったので、知らなかったのですが、韓国にもあるんですね、

台湾の飲茶で有名な鼎泰豊(ディンタイホン)

じゅん君のリクエストで行って来ました~。

1日目 飲茶 注文 1日目 作業風景

1日目 店内 

1日目 飲茶 1日目 飲茶2


夜もあるので、軽めに食べました。

美味しかった~。


明洞では、日本を応援するメッセージが至る所にありました。募金活動も。

1日目 明洞 応援旗

初日に限らず、本当にいろんなところで日本を言う築けるメッセージを見かけました。その度に涙が溢れ出そうで、本当に本当に、こうやって大きく日本を応援してくれる韓国の"情"を肌で感じて、胸が熱くなりました。


夜は、お決まりのサムギョプサルです。

1日目 サムギョプサル 1日目 サムギョプサル 美味しい

ワイン漬けと、ニンニク味の2種類を注文しました。ニンニク味がおいしかったです。ガイドブックに載っていたお店に行ってみましたが、お客さんもまばらで、店員さんはテレビの韓流スターに釘付けでした(笑)

1日目 サムギョプサル じゅん君


食に貪欲な私たちは、サムギョプサルも程々にして、これもまたいつも行ってるソルロンタンのお店。


神仙ソルロンタンへ行って来ました。(温まるし、美味しいですよ~)
1日目 神仙ソルロンタン

1日目 神仙ソルロンタン 義援金

1日目 ソルロンタン

いつも行っていたお店ですが、偶然当日は売上金を全て義援金とするとの事でした。

お店のアジュンマに質問しました。


本当に全て寄付にするんですか?

そうだよ~。このお店は半分以上が日本人のお客さんだからね~

ここでも,日本の為に力を貸してくれている場面に遭遇しました。

レジのおじさんに

日本の為に寄付してくれて感謝します。と一言告げて帰って来ました。


1日目はお互い早起きだったので、早めに就寝(というか、ホテル到着後、ちょっと横になったつもりが深い眠りに落ちたのでした・・・)


    
[ 2011/03/27 22:57 ] ー2011.3震災後の訪韓 | TB(0) | CM(0)

3月☆2日目 

2日目です。

朝食は、ホテル近くの南大門市場で。

2日目 南大門 ごはん 2日目 南大門 ごはん2
2日目 南大門 メニュー 2日目 南大門 メニュー2




牛の血を固めたものが入ったスープ(じゅん君が好きだとか)

それから、ホルモン(?)が入ったコムタンスープ。
予想していたホルモンと大きく違って、私は食べる事ができず、スープの部分をすすっていました。。。栄養たっぷりで美味しいのかも知れないけど、食わず嫌いでした(ごめんなさい)


この日は、お母さんと一緒にランチです。

特に予定も入れていなかったので、初日にお母さんに連絡を入れたら、「時間があったら家に遊びに来てね~」と言ってくれたので、行く事にしました。

韓国へ行くとき、そしてじゅん君が日本に来たとき。必ず、連絡を入れるようにじゅん君に言ってます。そして、お互いの意思疎通はあまりできませんが、私もその時にお母さんと話すようにしています。


お父さんを含めたじゅん君一家とは更に翌日の3日目に予定もしていましたが、お母さんとは近所のサムギョプサルを食べに行きました(私の大好物だからです。2日連続でもオッケーです)


江東にある、黒豚サムギョプサルで有名だと言うお店。早めに到着したのですが、あっという間に満席状態。
2日 肉!
お母さんが全部焼いてくれました~(カムサハムニダ~)
2日目 肉!2
ごま油+塩が好きなのですが、ここはきな粉で食べる方が美味しいとか。
2日目 キナコ

めちゃめちゃ豚肉の甘みがあって、美味しかったです。
2日目 オモニと私 2日目 肉 私

このお店のうりは、店主のアジョッシ。

写真に撮り忘れたのですが、お客さんのテーブルに声を掛けにきてくれるのです。

初めてのお客さん、子供、学生にはなんとなんと

1000ウォンのお小遣いをくれます(1000ウォンのお札の束を持ち歩いています)

私も日本から来ました~と言うと、ピン札の千ウォンを差し出され、得体の知れない棒で「福が来る」といって軽くたたかれたのでした(笑)

それかれ、このお店

キムチチゲ無料

2日目 サービスのキムチチゲ

かなり大きな器に入って出て来るんです。お肉も大きく、キムチもいい感じに酸味が出てて最高でした!!

お腹もいっぱいになって、苦しくなったところで、じゅん君のお家で一休み。

じゅん君のお家で、帰国便の変更。

翌日の日曜日に帰る予定だったのですが(月曜日のチケットが3連休のため地震前までは満席だったので予約出来ませんでした)、じゅん君に韓国のANAオフィスに電話をしてもらい、今回は無料で変更をしてもらう事ができたのです。私のチケットは変更不可のものだったのでラッキーでした。地震の影響で、韓国から日本へ行く人が激減しているそうです。



コーヒーをご馳走になり、少し休んで近くのEマートへ。

目的は、懐中電灯と電池の購入。

計画停電が実施されるというのに、私の家には光を発するものが何もありません。アロマキャンドルすらないのです

おまけに、地震の翌日以降、電池一つ買えない状況。
更に更に、私の家はオール電化住宅。停電になると、な~んにもできないので、せめて光を発するものだけは準備しなければという事で、韓国で調達して来ました。

それから、地下鉄の演説販売のアジョッシから千ウォンの小さいキーホルダー式のライトも買いました(偶然にも欲しいものが売ってて、安いので買ってしまいまし)


今回は、買い物らしい買い物はこの懐中電灯と小さなライトくらいです。



お母さん、いつもいつも色々ありがとうございます。


夜は、韓国の妹、スナに会いました。(アメリカ留学時代の親友です。今は中学校で英語の先生です)

→続きは、次の日記で。
[ 2011/03/29 22:20 ] ー2011.3震災後の訪韓 | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。