スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1日目☆久々に空港で再会。 

月曜日に無事に韓国から戻りました。

今回は、特に変わった事もなく楽しく仲良く過ごしましたが、最後の最後にトラブルというか問題が(その話は追々)


1日目

前日は遅番ではなかったので、ちょっと残業したけど8時には家に到着していたのにも関わらず、日頃の疲れが溜まってか、寝てしまいました。

起きたら朝の8時!!!(朝一の便じゃなくて本当に良かった!!)

給料日でもあったので、銀行に行ったり、振り込みしたり、そして全くしていなかった準備や片付け等、超特急で準備して出発しました。


金曜日だから、本当はじゅん君のお迎えは無いはずだったんです。しかし、水曜から出張で韓国の各都市を回っていたじゅん君は、最終日の金曜は午前中に取引先を訪ねて終了したので、その足で空港までバスで来てくれました。(光州からバスで)

会社には内緒だって。直帰する事になっていたからバレずに空港まで来てくれたのです。久しぶりに到着ゲートでたら、じゅん君が近づいてきて再会!ってドキドキしながらほぼ一番のりで出たのですが・・・。

いない・・・


みかんどこ~~??僕はF出口だよ。

あ、私E出口。

掲示板にFって書いてたから待ってたんだよ!!


なんて、行き違いで感動の再会ではなかったけど、無事に空港で落ち合った私たちはバスで安山にむかいました。

そしたら、多分カップルだと思われる日本人と韓国人の男女が私たちの隣に座りました(一番後ろだったので席が繋がっていました)

しかも、男性が日本人、女性が韓国人って私としては珍しく新鮮でした。
 
彼が彼女を訪ねて来たようですが、付き合っているのかそうじゃないのか微妙な距離感なんです。もしかして初対面??って感じのぎこちなさもあり、手つないでないし(人前ではしないだけかもしれない)、心なしかお互い顔をあまり見ていないので恥ずかしいのかな・・・と想像を膨らませながら到着まで盛り上がっていた私達(笑)

バスの中で最初のツーショット写真。(じゅん君の隣には、そのカップルがいます)
出張帰りなので、ビジネススタイルな服装は新鮮です。(私服より随分良く見える)
th_IMG_0878.jpg


じゅん君、2人に声かけてよ。安山に行く日韓のカップルなんて珍しいんだし・・・。

結局、恥ずかしがり屋のじゅん君は最後まで声をかけれず到着。
また会う事が会ったら、次回は是非声を掛けたいと思います。


じゅん君の家に荷物を置いてから食事に・・・。

いつもなら1日目はサムギョプサルと決まっているのに、なぜか私は洋食がいいと言ってしまった・・・。


安山のホームプラス裏に最近出来たステーキのお店です。

じゅん君はパスタコース、私はステーキコースを注文しました。


th_IMG_0879_20120606234109.jpg

ガーリック風味のポタージュ。
th_IMG_0880.jpg

th_IMG_0881.jpg


私のシーフードサラダ。(おいしかった!)
th_IMG_0882.jpg 

じゅん君のサラダ。
th_IMG_0883.jpg

シーフードのオイルパスタ。(じゅん君はオイル系のパスタが好き)
th_IMG_0884_20120606234106.jpg

ステーキ。けっこうボリュームがたっぷりでした。
th_IMG_0890.jpg


そして、最後はデザートとコーヒー。

これに、ハウスワインを3杯注文して2人でKRW80,000でした。単純にゼロを一つとって日本円として考えてたら、妥当なお値段だと。やっぱり韓国料理以外はソウルに比べると随分安い気がします。なんで韓国料理と洋食はあんなに値段が違うんだろう。スタバのラテの値段で、ローカルな食堂の料理が食べられるなんて、価値がわからなくなる。



食後は、安山の中央駅(一応繁華街)へ行ってちょっとショッピングしてから家に帰ってこの日は早々に就寝したのでした・・・。(最近初日はお互い早起きだからか体力が持たずに寝てしまうのです)

金曜の夜しか行った事は無いけど、中央駅付近の繁華街は結構にぎわっています。
th_IMG_1500.jpg th_IMG_1504.jpg


夜の安山中央駅付近にて。
th_IMG_0891.jpg
スポンサーサイト
[ 2012/06/07 00:05 ] ー2012.5 韓国 | TB(0) | CM(0)

お礼とか、あいさつとか。 

私も気を付けてることではあるのですが、仕事でもプライベートでも、お礼とかあいさつの一言って大切だと思う。

仕事ならお客様や取引先に、プライベートなら友人、知人、家族など。

何気ないその一言、ひとアクションを迅速にできる人って大抵仕事ができたり、よい友人が多かったりする。あくまで、私が出会った人の中での統計ですが。

仕事だと、仕事なんだから当たり前のことをやってるだけなんだけど、期待してはいない分、お礼の一言をメールでも電話でももらえると、うれしくなるし、またの機会があったら優先して対応してあげたくなるのが、単純だけど人間の心理ってものです。

友人や家族なら、何か贈り物が届いたときや、時間を割いて会って話を聞いてくれたときなどなど。
とにかく、何かしてもらったり、好意を受けたときはのお礼の一言はマナーだと思うんですよ。その一言だけで、次も無償で何かしてあげたい気持になる。


幸いにも、私の周りの大切な人たちは、そういうことができる人がほとんど。わたしはいつも見習いたいと思うほど。

音信不通?って思うほどしばらく連絡取らなくても、そう言う人たちとは信頼関係が出来ているから、交流は途絶えないんですよね。


親しい人には連絡怠ったりしてしまうんですが、返事の一つでもしなさい!と怒られてしまいます。親しいから言ってくれるんですよね。それも、それは出会った当初にお互いそんな気遣いを大切にして信頼関係を築いてきたから。
付き合いが浅いと普通はここで途絶えてしまうんですね。

仕事のできる人は、意識してるかどうかはわからないけど、業務以外のそんな些細なことができるんです。
それが、人を動かす力になって、仕事も効率があがり信頼関係ができるんですね。出来る上司はたいてい、厳しくても部下には労いの言葉を忘れない。

私はまだまだですが、意識して心がけるようにしています。


私が尊敬する身近な社会人の先輩は、ずばりお兄ちゃん。

何年か前、当時の仕事をやめる前から留学するまでの一年くらい、兄夫妻の家に居候させてもらってたことがあって(今思うと迷惑な妹)、時間が合うと職場まで車で送ってもらっていました。車中、仕事の話を面白おかしくしてくれる兄の話は本当に楽しくて参考になったものです。当時は何気に聞いていたのですが、今思うと要所要所に、仕事ができる大人要素がいっぱいあったのです。

ー誰よりも早く出勤する。
ーいやな事ほど迅速に対応する。
ー後輩や部下に仕事を任せたなら、何かあったときは出る幕。
ー怒らず、しかる。
ーメールはその日のうちに返答する(例え結果が出ていなくても、経過報告する)
ー寝る間を惜しんで仕事に必要な資格勉強。

などなど。今考えると当たり前の事を、兄は継続して自然にやっていたんだな~とわかりました。そんな兄はやっぱりどんどん出世して、本社で表彰されたり・・・。
でも、私や家族の前では、おちゃらけてみせたりするのに、努力している事を表に出さない。

頭が下がります。

そして、実に軽い口調だったりもするんですけど、かならずお礼の言葉が付いて来るんです。

サンキュ。どうも。あんがと。助かりましたetc...




だから部下が信頼してついてくる。とても信頼出来る良い友人が多い。

身内ながらに尊敬します。
今のところ、兄以上に尊敬出来る身近な社会人はいません。

子供の頃から、第二の保護者のように何かあれば兄が出てきてくれたような気がします。職がなくてもがいていた時に何も言わずに経済的な援助してくれたのも兄。(もちろん完済しましたよ!)

彼のようには到底なれないけど、違った方面で信頼されて、良い人達に囲まれるような人になりたい物です。

しばらく会ってないけど、会うたびに会社でのポジションが変わっている兄。今はどんな肩書きなんだろう・・・。

ちなみに、この兄はじゅんくんの、事を知らない方の兄です。

あれ?もしかして私ブラコン?
[ 2012/06/08 00:21 ] ★独り言★ | TB(0) | CM(0)

2日目☆安山デート。 

忙しいと言ってしまうと言い訳。更新していない割に、特別な事はしていないから・・・。

強いて言うなら仕事が忙しいくらいですね。
残業しない日なんてないくらい、毎日残業・・・。ま、残業代が出てたとしても、やっぱり早く帰りたい。

さて
2日目。



最近のパターンは、初日の夜は疲れて早めにバタンキューなので、翌日の朝は割と早起き・・・

じゅん君だけ。


目が覚めると、じゅん君はパソコンの前でやっぱりゲームしてた。


みかん、起きたね。ずっと見てたよ~。

ゲームしてたくせに。ゲームしてると必ず、私の機嫌をとるために、寝顔見てたよ~とか、幸せそうに寝てたね~とか言ってくるのはお見通しです(笑)


この日は、じゅん君と付き合いはじめた頃だったな、とにかくけっこう前に私のブログを通してメールをくれた同世代の女の子と安山でランチの約束をしていました。

待ち合わせの場所まで、20分くらいの徒歩圏内。(ちょっと歩くけど)

朝ご飯食べてないので、お腹空いたとワガママを言う私に、じゅん君がコンビニで何か調達して来るといって入っていた。
th_IMG_1505_20120613162833.jpg

キムパブと(お父さんの)バナナ牛乳。 私にはのり巻きに牛乳の組み合わせはあり得ないけど、韓国では定番だと言い張る。でも、せっかく買ってきてくれたのでこの組み合わせで頂きました。
th_IMG_1507_20120613162835.jpg

お父さん!バナナ牛乳美味しく頂きました。

th_IMG_1506_20120613162834.jpg


さて、早めに待ち合わせ場所に到着して、買い物をしていたら、間もなく時間となり、無事にお会い出来ました。彼女とは共通点が多く、年齢も近くて、おまけに今は安山でお仕事をしているということで、数年越しに会う事ができたのです。


仕事の合間のお昼休みの限られた時間でしたが、いろいろとお話できて楽しかったです。タイミングよく、韓国の方と結婚されて、今は安山に住んでいらっしゃると言う日本人の方も後からカフェで合流して、日本人女子会 in 安山が開催されたのです(+じゅんくん)

th_IMG_1508.jpg


色々と韓国に住んでいる日本人の方からお話を聞けて刺激にもなり楽しかったです。

じゅん君はついて行けてたのかな??


あ、実はカフェのテレビに映ってたメンインブラック見てたから大丈夫(笑)みかん、楽しそうだったからよかったね。


じゅん君は、私が買い物とかで待たせてもこうやって文句も言わずにいてくれる。

以前、日本に住んでいた時、デパートの化粧品売り場のカウンターで座って色々試してもらっていた時も、だまってPSPのゲームしながら待っててくれる。そして、終わると

キレイになったね~。
ってウソでも言ってくれる。

そう言うところを見ると、この人は本当に優しいな~と思ってしまう。だから、私もそう言う時は、次はじゅん君のしたい事を尊重するようにしています。


カフェでMIB鑑賞中(だった)じゅん君。
th_IMG_1509.jpg


お二人とも、いろいろお話できて嬉しかったです。ありがとうございました~。


解散した後、私達は前回同様映画を見る事に。

今回の作品は、メンインブラック3。たしかこの日に公開したばっかりだったはず。


私は、前2作も見た事が無かったので、ちょっとあらすじを復習してから挑みました。


途中で寝てしまいましたが、(多分)面白かったです。最初と最後の部分だけでも、なんとかストーリーが繋がったので、前の2作を見ていたらもっと楽しめたのだと思います。

本当は、ラブコメとかドラマ系が見たかったのですが、それは日本で一人で見る時にします。

th_IMG_0894.jpg th_IMG_0895.jpg


夜はこれまた近所の焼肉屋さん。(どんだけ至近距離で行動してるんだろう私達・・・)

th_IMG_0897.jpg th_IMG_0900_20120613163850.jpg


けっこう繁盛していて、店長さんらしきお兄さんもとても優しくお肉の説明をしてくれました。

済州島産の黒豚だそうで、一度店頭で軽く炭火で炙ってから持ってきてくれます。

サムギョプサルじゃないけど、豚の焼肉に満足してお腹もいっぱい。ホームプラスに寄って帰りましたとさ・・・。


明日はソウルへ。久しぶりにお母さんと一緒に教会へ行ってランチです。

[ 2012/06/13 16:43 ] ー2012.5 韓国 | TB(0) | CM(1)

3日目☆じゅん君の両親&会社の先輩たちと合流 

3日目です。

最近、韓国へ行っても写真を撮る事が以前に比べて随分少なくなってしまった・・・。帰ってきて携帯とカメラのデータを見ても寂しいものです。




3日目は日曜日。久しぶりにじゅん君のご両親と会う事が出来ました。

11時の教会の礼拝に合わせて、9時前には安山を出発。

安山の駅で、ホットサンドを購入(KRW2,000)。初めて食べたけど、美味しかったです。
本当に、韓国は何でも手軽に食べられるのでついつい欲が出てしまいます。
th_IMG_1513.jpg th_IMG_1510.jpg

意外に、こういうの食べた事が無いと言う若干世間知らずなじゅん君。(たぶん、屋台の食べ物はお母さんに禁止されていたんだと思う)

でも、食べるの大好きなじゅん君は美味しそうに食べていましたよ。
th_IMG_1511.jpg


まずは、今日泊まるホテルに荷物を預けてから教会へ行くのため、途中下車したので、教会へ到着したのはギリギリでした。既に到着しているお母さんは、やっぱりキレイ。

お父さんはゴルフで不在です。(いつものことですが)


ランチはポリパブ(麦飯のビビンバ)で有名だと言うお店に連れて行ってもらいました。じゅん君の家の近く、そして車じゃなきゃ行けない場所なので、もちろん観光客は皆無でしたが、ほぼ満席状態でした。


パジョンに・・・
th_IMG_1514.jpg

チョングッチャン(匂い控えめらしいので、私も抵抗無く食べれました。美味しかったです)
th_IMG_1515.jpg

そしてメインのポリパブ。
th_IMG_1516.jpg

自分たちで出てきた野菜やキムチを入れてごま油とコチュジャンでまぜまぜ。肉類が全く入っていないのに、たべごたえ一杯でとても美味しかったです。もちろん有機野菜ばかり利用しているという事でヘルシー。
th_IMG_1517.jpg


普段、サムギョプサルとか食べに連れて行ってくれても、あまり食べないお母さん。この日は、かなりもりもり食べていました。やっぱり健康志向なので、健康的な食べ物意外食べないようです。インスタントラーメンなんて言語道断!食べてるところ見られたらめちゃめちゃ怒られるんだろうな・・・。


じゅん君の家に戻ってからは、コーヒーを頂いてから食後の運動にトイプードルのガンちゃんのお散歩へ。

th_IMG_1518.jpg

敷地内には、住民が自由に利用出来る運動器具があります。
th_IMG_1522.jpg

ジュン君家のマンションの敷地から。こんな感じに高層マンションが建ち並んでいます。
th_IMG_1526.jpg
th_IMG_1527.jpg




ガンちゃんは尿結石で手術したらしく、病院で出たエサを食べたがために太ってしまったそうです。じゅん君とガンちゃんは要ダイエットという事で、お母さんからの散歩命令。豚2匹と言ってブラックジョークを言っていました。


家に帰ると、間もなくゴルフに出掛けていたお父さんも帰宅。


お父さんは、やっぱり偉大な感じですが、とても優しいです。

相変わらず韓国語は勉強しているかい?と言われて、ドキッとしましたが、じゅん君の通訳を挟んでしばし団らん。

飲み物はお母さん手作りのキウイスムージー。やっぱり美と健康に気を使ってるんだ。

今年の夏に私の実家に行って両親に会う事何かを軽く話しました。それから、お父さんの会社のアイスクリームを食べながら、最近バナナ牛乳が九州のある会社から発売される事になったという話を聞きました。パッケージ等は違うけど、バナナ牛乳製法を利用して発売される契約をしたので、ロイヤリティが入ってくるんだとか。

私の会社についても、いろいろ聞かれました。

最近株式上場したのですが、その理由は?社員は何人?
世界の数都市にオフィスがあるけど、韓国には無いと答えると、その理由は?みかんが韓国ですれば良いんじゃないか?等と言った事も。(実際、私の部署は他の国にあるオフィスとは直接関係のない業務内容なのですが・・・)


ま、そんな感じで色々今回もお父さんとたくさん話をする事が出来ました。


いよいよ、私の両親にじゅん君を紹介する事になったけど、じゅん君の両親はどう考えているんだろう・・・。
私は、彼氏を紹介する程度でいるんだけど、じゅん君はそうでもないらしい。そして、ご両親はどうなんだろう??




さて、実家を後にして、取りあえずホテルに戻り、ちょっとだけ休んですぐに明洞へ。


この日に到着した先輩とその友達(韓国人)と合流して食事&ナンタを見てきました。



会社の先輩たちなのですが(2人ともナムジャ)、あまり上下関係のない職場なので、こんな風に外で遊んだりもするので、あまりに馴れ馴れしくタメグチで会話をする私達を見て、じゅん君は「韓国ならあり得ない!」と言ってビックリしています。


焼肉&ナンタの後は、東大門の屋台で二次会!(韓国人の友人家族は子供がいたのでここで帰宅)

th_IMG_1531.jpg






いっぱい歩いて、食べて、楽しい1日でした。

でも、最後の夜なのに、帰りの時間が遅くなってじゅん君には申し訳ない気持ちになってしまいました。

ごめんね、じゅん君。


結局、ホテルに戻ってからも、私の体調が急に悪くなって、一晩中苦しんでいたので、心配してくれながらも眠気に耐えられず寝てしまったのでした・・・。(翌日にはなんとか回復しました)
[ 2012/06/20 15:16 ] ー2012.5 韓国 | TB(0) | CM(4)

二通のてがみ。 

二日連続で手紙が届いた。

ジュンくんが手紙を書いてくれたことは知ってたから、それかなと思いきや、送り主は

お父さん

恐ろしい。

もともと、連絡なんて滅多にしないし、メールも何か送った時のお礼程度。

お父さんが手紙を書くのは大抵何かある時。

内容は、とりあえずお母さんから聞いた(おそらくジュンくんと帰ること)
驚いてるけど、詳しくはきた時にゆっくりと話します。

だったら、手紙じゃなくてもいいじゃん。

それが、父なのです。

なにか言いたいことの予告に過ぎず、何かいいたいには変わらないので、とりあえず覚悟はするつもり。

人種とか、国籍で人を判断したりするような偏見を持っていない人だということは、昔から知ってるので、ジュン君が韓国人だからという理由では反対されることはないはず。
されるとすれば、ジュン君の経済力とか、年齢とかそんなところではないかと。

親に紹介するのも初めてだから、逆に喜んでくれているといいのにな。

正直わかりません。


悩みは尽きないな。


とりあえず、これで私の家族は全員知ったことになる。(甥っ子ちゃんたちを除く)

2012年も間もなく折り返し。後半戦が勝負です。


あ、もう一通の手紙はジュンくんから。
誕生日プレゼントもらえてなく、未だに何もないから、手紙だけでもいいからと、無理やり書いてもらったお手紙です。それはそれは、愛のこもったジュンくんらしい手紙…。
いや、私の勉強になるからって、半分はハングルで、しかも下手な手書きで解読できないものでした(笑)
[ 2012/06/27 00:14 ] ー2人の両親 | TB(0) | CM(4)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。