スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

わくわく、北海道旅行(帰省) 

なんどかここでも触れていますが、ジュンくんの会社の夏休みに合わせて一緒に北海道へ行きます。

現地集合で

札幌へも直行便がでてますが、一日二往復、しかも夏は韓国人にも人気なので予約が難しいようです。
しかも、お父さんのマイルとなればさらに枠は少なく、結局変な時間になってしまった。

私は羽田から。

なつの北海道は高い!

国内線のみを予約することって帰省意外に機会はほとんどありませんが、ピーク時期に取るのが初めてだっとのでびっくり!

東京⇔ソウルより高いのです。

エアドゥという、北海道の航空会社で往復合計四万円って。オフシーズンならその半分位なのに。

でも、行かないわけにはいかないのでやっとファイナルしました。


ジュンくんが一週間の旅程でしか飛行機取れなかったため、時間に追われる旅になりそうです。

札幌→実家→旭川→札幌の順で滞在する予定。
後は、お兄ちゃんたちや両親と調整と言ったところです。

ほんとは、友達にも会いたかったけど、そんな時間は取れそうにもありません。仕方ない。

実家に韓国人のジュンくんを連れて行きますが、誰かに遭遇して韓国人だって知られようものなら、

ヨン様が来た!って街中に変な情報が流れそうな気がします。

ほんとにそれ位の小さなところなんです。

名乗らなくても、私の顔がお父さんに似てると言って、○○さんのとこの○○ちゃんかい?って言われるくらい小さなコミュニティです。

離れてからもう15 年にもなるんだね。

自分で切り開かなきゃ知り合いが増えない都会のさみしさと、嫌でもついてくる田舎の人付き合いの煩わしさ。

うーん。どちらも良さがありますが、甲乙つけがたい。

そう言われると、韓国の都会でも人との距離が割と近いのは(ちょっとおせっかいな)、田舎で育って都会で生活している今の私にも少し理解できる気がします。
スポンサーサイト
[ 2012/07/01 20:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

映画っていいですね~ 

四月に韓国で映画を見てから、私の中の映画熱が上がってきました。
約10年来の映画ブーム。

当時と違うのは、家じゃなくて、映画館で見てるところ。

映画館は都心より、郊外がおすすめ。都会はやっぱり、平日でもそこそこ混んでるんですよね。

だいたい、郊外だとショッピングモールも併設されてるから早めに到着しちゃっても、時間つぶしができるし、映画は気晴らしにもなるので特に予定がない休日は大体映画観に行ってます。

ここ最近の映画はなかなか良かったです。じゅん君と韓国で見るときは、現実離れした作品や大作が多いけど、一人で行く時は、ヒューマンドラマとかラブコメが多いです。

海外ドラマにも一時期はまっていたこともあり、気づけばDVDコレクションが実家に山のよう。今回の帰省で、ちょっと整理しつつ持ちかえろっと。

最近観た映画は

バトルシップ

テルマエロマ

幸せの教室

ファミリーツリー

メンインブラック3

ガールズ

しあわせへのキセキ

ホタルノヒカリ

ワンデイ

結構観てる。

平日の空いてる映画館は落ち着きます。

今日はこれから「崖っぷちの男」という作品を観に行って来ます!


いや~映画ってほんとにいいですねぇ~(笑)
[ 2012/07/10 14:17 ] ★ドラマ・映画・音楽★ | TB(0) | CM(0)

最終日☆いまさらですが 

そういえば、五月の韓国、最終日だけ残ってて締めてなかった。

と言っても特別なことはないのですが(笑)

朝方まで体調悪くて、気付いたら寝てた程度の睡眠だったので、ゆっくりチェックアウトギリギリまで休んでいました。一応、回復したようなので、とりあえず、帰国はできそうでよかった。


先輩たちとランチの約束をしていたので、ホテルまでお迎えに行ってきました。

リッツカールトンソウル。
何度も韓国に行ってるけど、新羅ホテルに一泊のみ、それ以外は格安ホテルだから、ちょっとうらやましかった~。部屋だけじゃなくて、全体が素敵でテンション上がる。

先輩が撮ってくれました。
リッツの部屋で。


ランチは食べて見たかったカンジャンケジャン。

写真はないのですが、一同、

絶賛するほどではないね。

期待値が大きかったから、美味しかったけど…と言った感じ。

もう少し安ければいいと思います。

もっと手頃な値段で食べれるはず。

お店はプロカンジャンケジャンです。





この後は、カロスキルに行きたいという先輩たちを案内し、お買い物。

最初は女子向けのショップばかりだと早々に、退散するのかと思いきや、途中で火がついたのか、楽しそうにショッピング始めたので、私達はカフでまったりしながら、最後のひと時を過ごしました。

カロスキルはオシャレなお店は多いけど、急速に流行ったからなのかはわかりませんが、道の舗装が悪かったり(どこでもそうなのですが)、トイレが不便だったり、店の入れ替わりも多いみたいです。

何でも早い韓国だけど、廃れるのも早い。いつのまにかなくなるお店は多いけど、店主はその後どうしてるのか気になるところです。

さてと。

コエックスからリムジンバスで空港に向かい、あっという間に帰国となりました。

バスの中で。



ジュン君が食べてる物は

コグマケーキ。サツマイモのケーキです。
ずっと食べて見たかったので、見つけてバスの中で食べました。


甘さ控えめで、韓国のケーキにしては美味しかったです。

次はジュン君が日本に来てくれます。


五月の韓国☆完
[ 2012/07/17 13:24 ] ー2012.5 韓国 | TB(0) | CM(0)

地元の良さと東京の便利さ。 

離れて見て良さに気づくことがあるとは言ったもので、住み慣れた土地や、別れた人などなど、その時は価値に気付かないことってけっこうありますよね。

私は、色々と点々とすることが多かったので、そう思うことも結構ありましたが、中でも一番感じるのは、北海道の良さです。

アメリカには二度ほど留学していたので、その時も日本の良さを身を以て実感したのは確かですが、ある程度心構えはあったので、「やっぱりか!」くらいにしか思ってなかったです。

予想外だったからか、余計に北海道が恋しいです。でも、住むために戻ろうとは思いません。


地元自慢を始めたらとまらなくなりそうですが、何と言ってもやっぱり、

人の多さと夏の暑さは北海道道民には耐え難いほど苦痛です。それから、冬の寒さ。

それから、スーパーの魚が買う気も失せるほど鮮度低い。

夏の暑さは毎年苦労しています。
日傘なんて、気取ったご婦人が使うのだと思ってたら、こちらでは必需品。

冬は、乾燥し過ぎて寒さが雪の降る北海道よりこたえる。冬の加湿器の役割がわかった。そして、ストーブの完備されてない部屋は寒い。エアコンじゃ足りないよ。コタツのありがたみもわかった。北海道(及び雪国の他県もかな?)はコタツのある家はまれ。


それから、スーパーの魚。これは、場所にもよるかは一概には言えないけど、魚も食べたくなるのに値段に見あった魚が売ってないので、買わず肉を食べてしまう。
これは仕方ないのかもね。

毎年、過ごしにくい季節になるとそうおもうのです。

首都圏もいいとこいっぱいで好きなので、誤解のないように。

世界のいろんなところに行き易い。
飽きないほど、みどころたくさん。
下町がいい。
便利。

こんなこと書くなんて、二週間をきった北海道行きにワクワクしてる証拠かも。
[ 2012/07/18 10:52 ] ★独り言★ | TB(0) | CM(0)

なんだか、大事になってる。 

今回の帰省は、実に3年半ぶり。

そうなんです。北海道へは結婚式なんかで今まで3回くらい行ってはいましたが、札幌までで、しかもとんぼ返り。実家へはずっと行ってませんでした。

両親には札幌で会ったり、こちらで会ったりしていたので、3年半会ってもいないわけではないのですが・・・。


******

なんか、今回じゅん君を連れて北海道へ行く事が、みかん家では大事になっている・・・・。

お父さんが張り切り過ぎ。


都合の合う兄弟たちに順番に会って、実家へ行って、友達とも会って・・・って考えていたところ、お父さんはどうもそれが気に入らなかったらしい。

親に会うのが先だろう、と。

なんで?


結婚の正式なあいさつだったらまだしも、今回は私がいつも韓国へ行っているように、じゅん君が日本へ来てくれるというだけで、特別な事ではないのに・・・。


それでも、やっぱり先に会わせるのが筋だと言い張る。


波風立てたくないのでその通りして収まったと思っていたら

お兄ちゃんたちから一斉に連絡が来た。


ちょうど私たちの到着日、妹一家の新居の地鎮祭があるから、わざわざ親も札幌に来るらしい。

そして、翌日、北海道にいる家族全員集合

みんなでランチするんだって。それから、私達を乗せて実家まで帰ると言うプランになっています。

しかも、個室のあるホテルランチの予約命令を受けているのがお兄ちゃんなのでした。顔合わせでもなく、ただただ旅行の一貫なのにね。お父さんの張り切りようったらないね。




お前ら(私達)がいいならオレたちは構わないけど、ジュンソクが引くんじゃないか?


辞めるなら今だから、それならお兄ちゃんたちからお父さんたちにはうまく言っておくとのこと。



じゅん君に、いきなりだし負担になりそうなら辞めてもいいよ、って聞いてみると・・・


なんで??? どうせいつかは会うんだから、辞める必要ないじゃん?

それに、実家まで一緒に行くなら、交通費が浮く~。
あ、お土産の数が足りないから買わなきゃ♪



あっぱれです。


今回、親に紹介するって決断出来たのも、じゅん君がこういう人だって心のどこかでわかってたからなのかも。普通なら、いきなり重過ぎて逃げ出しちゃう男子もいるかも知れないって言うのに、勇気あるじゅん君に久しぶりに感心しました(何も考えてないだけかも知れないけど)

ずっと私の家族に自分の存在を話して欲しいって言われ続けてきたから、今回のことはじゅん君も嬉しいのかな。



ま、今はお兄ちゃんたちや、お父さんの事まだよくわかってないからのんきにしてられるのかもね~~。妹の旦那さんも付き合いはじめた頃は苦労したとかしないとか・・・・(笑)


ちなみに、今回家族が集まるわけですが、私達も入れて総勢"14人"
にもなってしまいます。(甥っ子君たちと、兄弟たちの奥さん、旦那さんも含む)

[ 2012/07/20 17:44 ] ー2012.夏 北海道帰省 | TB(0) | CM(2)

だましている事。 

今回の帰省 with じゅん君で、じゅん君をだましている事がいくつかある。


だましてるって程じゃないけど、じゅん君の間違いを敢えて訂正していない事、冗談で言ってみたら信じじゃったことをそのままにしている事なのですが、面白いからそのままにしています。



☆私の家族の話をするときお父様、お母様、お兄様と言う。
→日本語なら、彼女のお父さんを呼ぶときはお父様って言わないですよね。実際に会った時に言ってみて欲しいからあえて訂正していません(笑)

☆一緒に実家に行ったら、じゅん君はお父さんと同じ部屋で寝る事。
→もしも、私が彼の家に泊まる事になったとしたら、お母さんも私は別の部屋を準備されるでしょう??って言ってみたら納得してた(笑) でも、お父さんと一緒の部屋は緊張するけど仕方ない・・・てt言ってました。これも面白いからそのまま信じ込ませています。 内の両親はその辺はそこまで気にしていないので、多分同じ部屋で寝ても問題ないはず。


☆両親に会った初日から温泉に行くから覚悟してね。
→さすがに初日からお父さんと裸の付き合いはちょっと可愛そうだしそれは無いと思うけど、これも信じてるみたいなので秘密にしてます(笑) かなり困ってた。どうしよう、ダイエットしなきゃって(笑)


この程度ならかわいいものですよね(笑)

あ~楽しみ。

[ 2012/07/25 01:32 ] ー2012.夏 北海道帰省 | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。