スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3日目②☆いよいよ顔合せ 

予約の時間より早目に私は両親とお店へ。

もともと、みかん家族が、じゅん君家族よりも早く到着するようにって打ち合わせていたんです。それでも、かなり早く付いちゃったみかん一家。

お店自体、オフィスビルの中に入っているので、カフェなんかも落ち着いた雰囲気であったのですが、日曜なので閉店が早くてはいれず、30分も早くお店に入れてもらいました(笑)


席はどこがいいかな?

荷物はどうしようか。

何度か移動したりして、じゅん君一家の到着を待ちました。



じゅん君たちも、10分前には到着。



始まるとあっという間でした。



第一声の「アンニョはせよ」「初めまして」から、どちらの両親も終始にこやかでした。


じゅん君は通訳担当でもあったので、何かを食べようと箸を付けると、口に運ぶ前に、はい、通訳ってタイミングになって、その度に丁寧に箸を置いて通訳してた(笑)

美味しい料理に、普段あまりたくさん食べないじゅん君のお母さんも全部食べてくれていてホッとしました。

北海道らしく、ウニ専門のお店でお任せの会席料理。

ウニが実は苦手な私も美味しいかも?!と思う程新鮮なウニでした。




















肝心な顔合わせの中身ですが、正直あまり覚えてないです(笑)

結局は全てうまく行ったのですが、私の両親が失礼な事言わないかとか、文化の違いであちらの両親との間に誤解が生じたらどうしようとか、小さな事にドキドキしながらその場が和やかに過ぎていく事だけを願っていました。

席に着いて乾杯して早々、じゅん君のお父さんがいきなり本題に入った。

あなた、まだ早いんじゃ?と言わんばかりに、お母さんが笑ってた笑ってた。

結局、前日にじゅん君と私の両親と四人で打ち合わせた通りの流れで、じゅん君のお父さんがリードしてくれて意思確認を正式にしたと言った感じ。

ジュンソク一家はこう考えて結婚を勧めていこうと思いますが、みかん一家はどう思いますか?と言った感じです。

打ち合わせ通りの話で、予想通りの流れだったので。ここはホッとしました。


ただ、その間、何度も何度も私のお父さんが、私と彼のお母さんとのことに触れていた。


みかん父 : みかんやじゅん君からいろいろ話を聞いて、じゅん君のお母さんに本当に良くしてもらっていることが分かって、本当に安心しているし、感謝しています。

結婚すると、相手と同じくらいお母さんと接することが増えるし、大切だと思う。だからこそ、お母さんに気に入って可愛がってもらって、みかんは幸せだと思います。


きっと、私の母がお嫁に来て、東京を離れて、北海道の片田舎で色々苦労したから。とくに、義父母との関係がね。そんな姿私たちには全く見せず、大人になってから聞かされた程ですが。私にはそんな苦労をさせたくない親心なんだと、直ぐにわかりました。(あ、みかんのママは生まれも育ちも東京の下町っ子なんです。江戸っ子ね。みかんが生まれて、間もなくお父さんの故郷北海道へ移住)


後半は、お互いの国のこと(歴史、政治ではないです)、家族のことなど、たわいもない話をしながら、穏やかに過ごしました。

お店を出た後は、私達が泊まっていたホテルのあの、ラウンジでみんなでコーヒーを飲みながら少し話して、お開きとなりました。


左からじゅん君の両親、みかんの両親、私とじゅん君。




毎日の事でしたが、この日は特に疲れがどっと出て、まずはじゅん君が部屋に戻って速攻寝てしまった。

私は、お風呂に入ろうとお湯を貯めるも、眠気に勝てず、そのまま朝までぐっすり・・・


きっと2人とも気疲れしたんだろうな。

でも、これで今まで以上に、また大きな一歩前進となりました。


無事に終わってホッとした2人。じゅん君はこの後、秒殺で爆睡。





********************************

今思うと、両親とこんなにも時間を一緒に過ごしたのは本当に何年ぶりだろうと思いました。大学卒業してから、両親と会うのは、多くて年に2回、最近では1年に1回会うか会わないか。家族が揃ったとしても、なんせ兄弟が多い上に、結婚している兄弟たちのお嫁さん、旦那さん、そしてその子供たちですごい人数になってしまうので、やぱりゆっくり両親と話なんて出来ないんです。

昨年の夏に北海道へ帰った時も、じゅん君と一緒だったので、そこまでじっくり話した記憶がありません。そう考えると、会社辞めて留学する前に2ヶ月くらい実家に戻っていた7年前くらい以来。

きっと、他の兄弟たちも結婚する節目で、こうやって両親と話し合ったり、時間を過ごしたんだろうな。いつも、お兄ちゃんたちのことばかりで、私のことなんて気にもかけてないんだって、すねた事もあったけど、他の兄弟たちも同じことを思ったんじゃないかと気付きました。

今までもほとんどなかったけど、こうやって両親とゆっくり過ごす事が出来る機会って、あとどのくらいあるんだろう。まだまだ元気な両親ではあるけれど、これからは出来る限り両親との時間を作りたいと思います。会う事はなかなか出来ないけど、電話とかね。今までも年に何回か連絡する程度だったので、月一回くらいは電話するようにしよう(それでも少ないかな)


そんなことを考えた顔合せなのでした。
スポンサーサイト
[ 2013/04/02 23:29 ] ー顔合わせin北海道 | TB(0) | CM(2)

4・5日目(最終日) 

4日目。

じゅん君一家は韓国へ帰る日です。

午後2時頃のフライトだったので、早めに空港へ・・・。



札幌の国際線ターミナルはできたばかりで、とてもキレイ&便が少ないので、カウンターもそれほど混んでいなくてスムーズです。以前は国内線ターミナルの隅にありました。(大学の卒業旅行で友達と韓国へ行った時のことを思い出します)

さて、チェックインを済ませて、じゅん君と私はターミナルをお散歩&最後の晩餐。

ここまで来て何か食べたいと言い出すじゅん君。仕方ないね。

というわけで、空港で買ったサバ寿司のお弁当。





満足そうに食べていましたが、最後の一つ、口に入る直前で床に落としてるし(笑) 

↓この時は、まだ最後の一つを落とすなんて知らないじゅん君(笑)


残りの時間は、寂しがらずに、たのしく写真撮りながら遊んでました(笑)帰り際は韓国の空港でもいつもこんな感じです。無意識に寂しさを紛らわしていたのかもしれません。






いよいよ時間。

やっぱり、お別れの瞬間はさみしいです。


仁川はセキュリティに入ったらすぐに見えなくなる。

金浦も入ったら直ぐに自動ドアが閉まって見えなくなる。

成田はセキュリティの後、ガラス越しのエスカレーター降りたら見えなくなる。

新千歳空港は、セキュリティ通って、出国手続きするまで一直線でずっと見えてて、じゅん君はそれまで何度も何度も振り返っては大きく両手を振ってくれた(笑)恥ずかしいから早く行ってとジェスチャーするも、何度も笑顔で手を振ってくれた

見ている私が恥ずかしかったくらい(笑)

じゅん君はそういう人。


みかんが悲しいとき、僕も悲しくなったら嫌でしょ?

と言って、半ばアホな感じで明るく振る舞ってくれる。

女子は共感の生き物なので、本当は一緒に悲しんでくれると紛れるのですが、これがじゅん君の優しさなのです。




じゅん君を見送って、私は妹の家へ。今晩泊めてもらうため。


両親も一足先に来ていました。


ゆっくり話でもと思っていましたが、お互い疲れがどっと出たのか、私もご飯の前にウトウト、途中で起きてみんなでご飯食べたけど、お父さんたちも、早々と寝てしまいました(笑)

久しぶりに、両親と布団並べて寝ましたよ。


翌日は甥っ子の幼稚園バスを見送って、両親と一緒に出発。



両親と下の甥っ子(お兄ちゃんは幼稚園)


駅で下ろしてもらい、空港バスで帰路へ。



久しぶりに、空港をゆっくりみたけど、新千歳空港やばいです。



半端ないお土産店の数。

楽しくて、おみやげたくさん買っちゃいました。


んで、最後はサッポロクラッシック生で締めました。

つかれのせいか、この一杯で軽く酔ってしまいました(笑)


天気の悪い札幌。


でも、空の上はこんなに明るい。飛行機乗ると、雲の上のこんな青い空が好きです。



到着後は会社の同期と入社四周年記念の集まり。場所はフーターズ

健康的なセクシーなお姉さんたちが時々踊り出したり、楽しかったです。

ほとんど男性のお客さんでしたけど、アメリカンな料理にテンション上がりました。





この仲間がいたから、今まで仕事頑張れたし、じゅん君のことも、応援してもらって心強かったです。

じゅん君からもらった指輪に気付いた子が、アメリカドラマよろしく、

キャ~
って喜んでくれました。

なんだか、照れます。

二次会では、フレンドリーな店長さんが私の指輪の話題に

おめでとうございます~て声かけてくれました。


そして、しばらくすると

こんなサービスまで!イタリア語でお祝いのメッセージまで。


おめでたいことは、何度でも祝ってもらうべきだよ!とみんなが言ってくれました。



翌日は、このブログを通して仲よくしてくれている、オンニとランチデート。アメリカから帰って来たばかりで、半年振りくらいに再会して、近況をお互い報告。



韓国のこともよく知っているオンニはアドバイスしてくれたり話を聞いてくれる心強い良き理解者。

オンニは本当に賢くて、行動力がある強さもあるけど、大人の女性としてもとっても素敵な人なのです。


ここでも、指輪をお披露目してたら

きれいですねと、

お店の人に声を掛けていただきました。


なんか、照れるけど、こんな時は今だけ。素直によろこんで、幸せだと感じられることに感謝したいと思いました。


以上、顔合わせレポでした。

[ 2013/04/06 18:26 ] ー顔合わせin北海道 | TB(0) | CM(0)

2日目②☆ガールズトーク 

顔合わせのレポを先に終わらせましたが、二月の韓国がまだ終わってませんでした。


じゅん君が仕事へ行ってしまい、ご両親と買い物をして、ホテルに戻って休んだ後は、韓国の親友、スナとごはん。

じゅん君抜きで会うのは始めてで新鮮でした。留学時代を思い出します。

11月にプロポーズされたこと、結婚の話が本格的になってきたこと、などなど、スナも興味津々。

スナは留学していた時はまだ兵役中だった彼氏と一度は別れたものの、今は結婚に向けてお互い努力中なんだって。

スナの両親にも旧正月の時に初めて会ったとか。

スナのお父さんには

まずは、職に就くこと! って言われたとか。

あ、スナも彼もまだ若いです。

私より確か7歳くらい年下です(笑)

そう考えると、彼女は年齢より随分しっかりしてるんです。または、私が精神年齢低いかどっちかです。

アメリカで出会った当初は、アメリカではまだお酒を飲めない20歳でした。

そんな懐かしい話をしてると、じゅん君から連絡が。

私達がいる江南に到着したとか。

レストランまでの道案内は韓国語でスナにおまかせ。

じゅん君、私達がいるテーブル説明しようとしたら、お店の中で1番キレイな二人が座ってるテーブルだから、直ぐわかりますって言ってたよ(笑)

じゅん君が私以外の人にこんなこと言えるなんて!思わず二人で笑ってしまいまさした。


ニヤニヤして登場したじゅん君は


ほら!キレイな二人だ!


スナがこんな事を言った。

初めてじゅん君に会ったとき、私はみかんと英語、みかんとじゅん君は日本語、私とじゅん君は韓国語で、なんか変な感じだったんだけど、今はこれが当たり前で慣れちゃった(笑)


私も当初よりは随分韓国語わかるようになったけど、まだまだスムーズな会話はできません。

いつか、三人でも韓国語ではなせるといいな。


風邪(インフル)治りかけなので、二次会はスナのお気に入りのカフェで。

じゅん君しか見えないけど、男の店員さんみんなモデルみたいに長身でスタイル良かった(笑)わざわざ、この位置に席を移動したくらいです。







わがままを言うなら、みかんが韓国に住んでくれると嬉しい!


こんな、可愛いことを言ってくれる子なんです。

私も、スナを始め、韓国にも大切な友人がいることは、これからのことを考えると心強いです。



じゅん君も私の友達に慣れてきてくれて、安心しました。


前までは、置いてトイレに行くのも心配してたくらい。


私がトイレから戻るとじゅん君とスナが真剣に話してる。

こうなると、韓国語何を言ってるかほとんどわかりません。

後から聞くと

みかんと結婚して、韓国に住むことになると思うけど、最近昇進したことを聞いたら、順調なみかんのキャリアをストップさせてまで韓国に呼ぶことに申し訳ない気持ちだ。僕がもっとしっかりした仕事して、みかんが不安にならないくらい稼ぐことが出来たら良かったのに。


バカだねぇ。

私だって、何も考えずに韓国へ行くわけじゃないよ。


じゅん君がいきなり収入なくなっても生きていけるよう、私だって食べていけるくらいの仕事はできるよう考えてるし。

じゃなかったら、韓国に飛び込んだりしないから(笑)

どこにいても、きっと道はある。




スナには、結婚まで写真撮影とかドレス選び手伝ってもらおうと思っています。

彼女も結婚に夢を持って今からドキドキしているので、少しでも夢に近づければ嬉しいです。


スナ~、いつも時間作ってくれてありがとう!


ホテルに戻って直ぐに↓面白いからこっそり。あぐらのまま寝てるし(笑)お腹はかわいそうなので隠します。じゅん君ごめんね


[ 2013/04/07 02:56 ] ー2013.2 韓国 | TB(0) | CM(0)

3日目☆式場!? 

3日目は日曜日。

お昼に教会へ。


いつもの実家の近くにあるお母さんと行っていた教会ではなく、式を挙げるために、じゅん君が登録した教会へ!

外から見た教会へ。


中にはなぜか、カフェが!
しかも、けっこう広くスペースがあって、大学のカフェテリアみたいです。

式のときもオープンしてるなら、早めに来たゲストもお茶して待つことできるかな。

いつもの教会はめちゃめちゃ大きくてすごいのですが、韓国語の説教は全く理解出来ません。

しかし、この教会は小さいけど英語で同時通訳のラジオ貸し出しがありました!

これで、少しは眠気に勝てそうです。

アメリカでは何度も行ったことのある日曜日の礼拝ですが、韓国の礼拝は今まで内容が全くわからなかったので、内容を理解しながら聞くのは初めてで新鮮でした。

聖書のお話はもちろんですが、意外にも牧師さんの小話や、時事ネタ、軽い笑いを誘うユーモアもあったり楽しかったです。



ここで挙式します。日曜の礼拝は別のもっと大きな礼拝堂です。


そして、この教会は終わった後は質素ではありますが、ランチが無料で食べられます。



なぜか、礼拝に来ていた人より多くの人がランチ会場にいた気が(笑)

挙式の後はココで例のブュッフェらしいです。





まあ、結婚式専用のチャペルじゃないし、式場のために作られたわけじゃないので、こんなもんかと言った感じ。

あまり、わがままは言えませんね。教会式は借りるのがとっても安いみたいなので。


教会の後は、二年ぶり?くらいに江南高速ターミナル地下商店街へ。リニューアルされてキレイになっていました。


商店街へ入る前に、しばらく本屋さんで過ごして、微妙な時間ですがランチ?ディナー?を食べました。

ずっと食べたかったチムタッ。

こんなにデカイなんてビックリ!





辛くなくしてくださいと言ったら、全く辛くなくてちょっと残念な味になってしまったけど、体調も完治してないから、逆にいに優しくて良かったかな。


そして、商店街へ行ってみるが・・・・

でも、日曜日なのですごい人!


人ごみに弱い私は直ぐにダウン。

一通りまわってみるけど、お店には立ち寄らず買い物しないで終了(笑)

いつものことです。


東京来てから、人ごみで買い物出来ないんです。だから買い物は決まって空いてる平日に。ある意味、月金の会社員じゃなくて良かったかも。





それから、江南に戻って、小腹が空いたけど、胃に優しくソルロンタンを食べました。



いつもの神仙ソルロンタンではなかったので、なんかあっさりし過ぎて物足りない気もしましたが、やっぱりここでもあまり食べられず・・・。(悔しい!)



私に合わせてくれていたじゅん君は、きっともっとたくさん食べたかったんだろうな。文句も言わずに私に合わせてくれるじゅん君にいつも感謝です。いつも後から気付くんですよね、じゅん君が気を使ってくれていた事に・・・。

んで、帰るにはまだ早い時間だったので、バル的な感じのお店でビールを飲みながらゆっくり話しました(私はお酒は控えましたが)


ここで、納得いかない事が!

メニュー見て、飲み物の単価が高い事は知っていました。

韓国は輸入物が高いのは仕方ない。

そして、このお店も色んな国のビールが楽しめるので、じゅん君が選んだどこかの国のビールが高かったのは納得のうえで注文。

この大きさならあり得なくない。


お酒ではなくコーラゼロを頼んだ私。たしかに高かったのです。確かKRW8,000くらい。きっと大きなグラスに入って出て来るんだろうな。ならいいかなって思っていたら、




ありえない!
出てきた瞬間、じゅん君も顔が(ええええ!!!!)ってなってた。

せめて、缶は持ってこないでよ。自販機で買ったら100円くらいでしょ?お店にいる間中、ずっとこのコーラの怒りで盛り上がってしまった位。この値段だったら、キムチチゲとか食べられるし!韓国のこういうところはいやだ!!って私が終始切れていたら、じゅん君が

これが韓国なんだよ。僕も時々納得いかないことがあるよ。



一人っ子で、マイペースで、おだやかな世間知らずなじゅん君だと思って、時々上から目線になってしまっている私。でも、日本と比べると矛盾していたり、理不尽な事が多くて、慣れてきたと思っていてもまだまだ大変だなって思う事ってたくさんあります。きっと、外国人として住んだらもっとあると思う。じゅん君は子供の頃からそんな環境で生活してきているって考えると、私なんかよりも強くて、ぶれない人なのかも知れないなと思う事もあります。

私が理不尽さに怒り狂っていても笑ってられるのは、気にしてもしょうがない、そう言う物だから気にしないのが一番だって分かっているからなんでしょうね。

そう考えて、じゅん君を一人の大人としてもう少し尊重して接しなきゃと反省したのでした。


ビールは一万ウォンくらい。コーラと比べたらぜんぜん問題なし。


食べ物は量が多いから、コーラのことは許すことにしました。


私の怒りをなだめでくれたじゅん君と。


体調も考えて、いつもは深夜まで外をうろうろしたりするのですが、この日は早めにホテルへ戻りました。

あ、高速ターミナルで地下の商店街に入る前に、どこかの雑貨屋さんで↓これ買いました。




ペットボトルの加湿器です!
値段の割に、これは結構よかったです。霧が細かくて、500のペットボトル一本でも4−5時間で続けているのでいいです。ホテルもじゅん君の家も暖房が入ると乾燥して大変だったので、買って正解!



4日目(最終日に続く)
[ 2013/04/09 03:02 ] ー2013.2 韓国 | TB(0) | CM(0)

4日目☆最終日 

最終日は特に変わった事もありません。

ホテルがCoexに近いので、シティターミナルでチェックインを先に済ませで身軽になりました。

Coexはオープンしたものの、各店舗の開店時間はまばら。買い物は特にないので、食堂がオープンするまでカフェでまったり。



LINEで妹に私たち二人の写真を送ったら


お返しにこんな写真が返ってきました

甥っ子たちが、寝ながらテレビ見てるの図。




かわいい~!!!!

あ、窓の外は雪です。
そして、窓の下にあるのは暖房です。
北国のお家ですから。

家の中は靴下はかずにいられるくらい暖かいんだね。うらやましい。


じゅん君もこの写真にメロメロ。子供が好きらしいです。

実際に会って可愛がってくれてたし、お兄ちゃんの子供にも好かれてた。



さて、ランチはCoex内の食堂で。庶民的な感じがすきです。

しかも、美味しかった!
私はビビンバ。ジュンくんはなんとか純豆腐、白かったです(笑)


お昼時なので会社員で満席です。こんな騒がしい感じが好きです。



いつも、美味しそうにたべるジュンくん。



安い!頼んだどのメニューも、あのコーラより安い!




最終日はこんな感じです。

空港へも早めに行って、時間ギリギリまでじゅん君とカフェでゆっくりしながら過ごして私はゲートへ向かい、じゅん君はバスで安山へ帰って行くのです。

出発前の仁川空港にて。



もう、何度韓国に来たんだろう。
数えてみると、これで18回目(正確には卒業旅行の1回も入れて19回)。

結構な数ですね。

だからといって、ソウル通ってほど何も知らない。旅行気分で韓国にワクワクして来ていたのは、最初の2年くらいだろうか。食事も買い物の、友達に会ったりするのも楽しくて、じゅん君に会いに来た事を理由に結構自分勝手に楽しんでいた気がします。それに、疲れていても一緒に付き合ってくれたじゅん君。

君はすごい男だよ。私みたいな人に嫌気もささずに、こうやって4年も一緒にいる事が出来るなんてね。自分で言うのもなんだけど、私が男だったら私みたいな女子は嫌だ(笑)

それだけでも、感謝しなきゃいけないのに、一時期、じゅん君の優しさを良いことに優しくなれなかったり、ちょっとした事で不機嫌丸出しにして困らせることがあったなんて、酷い彼女だった。


そう考えると、今の私にはじゅん君しかいないんだね。



体調が良くないので、気持も弱っていたのか、いつも以上にじゅん君が大人の男子になった気がした2月の訪韓なのでした~。

2月の韓国☆完
[ 2013/04/09 17:17 ] ー2013.2 韓国 | TB(0) | CM(0)

ひとまず更新終了・お引っ越しのお知らせ。 

いそいそと、中途半端だったレポを更新してきたのですが、これでやっと新しいブログへ移る準備ができました。


約5年も慣れ親しんだブログの更新を終了するのはとても寂しいです。

このブログがあったから、自分の気持を整理出来たり、筆不精の私が日記の替わりとしてじゅん君との事を記録出来たり、同じ境遇の方たちと出会えたこと、また応援してくださってブログに足を運んでいただいている方々がいることを知ったりと、地道に続けて来て本当に良かったと思います。


更新は終了ですが、ブログはこのまま残しておきたいと思います。


新しいブログは、ブログの名前「みかん」も卒業しています。
実を言うと、みかんは本名とは全く関係のない名前でした(笑)

もう、時効ですが、このブログを始めたきっかけとなった、じゅん君ではないあの彼が中島美嘉さんが好きだと言っていたので、そこから拝借して「みかん」と名乗りはじめました。


その当時は、別の彼「じゅん君」と出会って、まさか結婚することになるなんて思ってもいませんでした。


年齢も年齢なので、少ないながらも、30数年生きて来て、色んな恋愛をして思ったのは、最初から分かり合える相手なんていないという事。理解しようとする努力、尊重する気持ちを持って、時間をかけて築くものなんだということ。

その時間を惜しいと思わない相手かどうかだと思いました。

もしも、出会った当初にお互いのことをもっと知りたいと言う気持ちにならなかったら、こんなに長く付き合う事にはならなかっと思います。読み返してみると、じゅん君と初めて出会った日の事もブログに何気に書いていたんですね。そうやって、自分の気持を記しておいて良かったです。

極端に言うと、このブログを始めていなかったら、じゅん君とは付き合っていなかったかも知れないです。



最後にふさわしい事を書こうと思いましたが、どうも上手く思い浮かびません。


新しいブログのURLはメールフォームでメッセージくださった方、いつもコメントくださっているブロ友の方に既にお知らせさせていただきました。

皆様に送ったつもりなのですが、万が一、届いていないと言う方がいらっしゃいましたら、もう一度ご連絡いただけると幸いです。

1名だけ、メールを送ったらエラーで戻って来てしまいました。


今日まで、本当にありがとうございました。
また、気まぐれで更新する事はあるかもしれませんが、ひとまずこれにて・・・。

じゅん君と初めて会った日の1枚。
P1130109_convert_20090120224120.jpg



みかん&ジュンソク

[ 2013/04/09 18:47 ] -みかん&ジュン | TB(0) | CM(3)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。