スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国旅行11月☆番外編 

韓国に今回行って、やっぱりまた涙した私

しかも、2回も。

1回目は、ジュン君が大学の女の子と食事に来ていると、お母さんに言ったこと。(今思うとくだらないかも)


2回目は最終日の夜、新羅ホテルに帰って来てから。

実は、ジュン君が私の為に一生懸命お花屋さんを探して、やっと見つけて買いに行ってくれていたときのこと。
私は一人でDootaの一階のショップをぐるぐる歩いていました。何がそうさせたのかはわからないけど、色んな意味で急に不安な気持ちが襲って来ました。

こうして韓国で一人で歩いている。カワイい洋服があったからのぞいてみようと思っても、話しかけて来る店員さん(もちろん韓国語)を無視も出来ず、でも何を言っているのかわからないから、結局一人じゃ何も出来ない。きっと、もしいつかジュン君と一緒になる日が来たとして、この国で生活するとしたら、ジュン君に頼り切りになってしまう自分と、それを許せない自分にイライラして、ジュン君にも重荷になってしまう気がしてならなかった。
疑わずに、信じて頑張ろうとしているジュン君を、後で傷つけてしまう結果になるくらいなら、今ここでさようならした方がいいんじゃないか?と自分でも怖くなるようなことを考えてしまいました。
お花を買いに行っているジュン君を置いて、この場を立ち去ったら?

そんなこと出来る訳ないのにね。

きっと5分くらいでジュン君は戻って来ていたはずなのに、私は10分くらい彼の元へ行けなかった。


遅い私を心配してか、携帯が鳴った。

電話を取らずに、建物の外へ出た。

電話を耳に当てながら、キョロキョロと私を探しているジュン君が見えた。手には一輪のバラを持って
その姿を見たら、今私が考えていたことがなんてバカなんだと反省。ただのきれいごと。本当は私も離れたくない。ずっと一緒にいたい。

私の姿を見つけて、少し恥ずかしそうに笑いながら手渡してくれた一輪のバラ。

やっぱりジュン君が大好きです。

*****************************

新羅の部屋に戻るまで、私がそんな風に考えていたことを知らずにいたジュン君。

部屋に戻って落ち着いて急に涙

理由を話したら

ごめんね。僕が韓国人だから、僕がまだチャギと一緒にいるための準備ができなくて。
でも、別れるとか、そういう言葉、冗談でも言わないで。怖いから


誰も悪くないのに。


変なことを考えてしまったこと、ちゃんと謝った。



これが、ジュン君が頑張って探して買ってくれた一輪のバラ。
日本には持って帰れなかったけど、ジュン君が持って帰ってくれて、春川の部屋にあります。
ばら

スポンサーサイト
[ 2009/11/29 23:14 ] ー韓国旅行 2009.11 | TB(0) | CM(2)

あほみさんへ。

やっぱり、あほみさんも突然不安に襲われたことあるんですね。
相手を大切に想えば思おうほど、喜怒哀楽がはっきりと出てしまう自分に気付きました。

そうですね、不安でもやっぱり彼と一緒にいたいと気付きました。また同じ不安に襲われたら、今回の気持ちを思い出します。

逆にジュン君はどう思っているんだろう・・・
と、気になるところです。
[ 2009/12/04 00:38 ] [ 編集 ]

涙涙涙

わかりますよぉーその突然不安が襲ってくる感じTT

何なんでしょうね・・・TT

波があって、全然そんなこと考えない時もあるのに突然そういうこと考えてしまうときが来たり・・・。

でも不安な気持ちに惑わされて大切な人の手を自ら離すようなことはしてはいけないっ!と自分に言い聞かせています><

みかんさんもまた不意にふっと不安な思いが寄せてくるかもしれませんが、負けずに前向きにファイティンです!!^^
[ 2009/11/30 21:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seamotty.blog10.fc2.com/tb.php/184-4d6825ab








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。