スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ソゲッティング その後② 

前に書いた叔母さんとその同僚に紹介された男性の話。

くわしくはこちら


2ヶ月近く前に1度会いました。

あちらから、次の話をしてこない限り、こちらにも断わるチャンスがなく、何気ないメールが時々届いては、数日遅れで返信をするということが何度かありました。(返信が遅くなる=興味がないと察していただけたら良かったの)

それでも、「僕は、この日とこの日が空いていますが、みかんさんはどうですか?」と。

それに対して、返信しなかったこともあり、何日も遅れて都合が悪いですとなんとか逃れて来ていたのですが、やっぱりこのままでは同じことの繰り返しだなと思ったので、はっきり言わなきゃと思ってメールしました。


紹介された意図に応えることはできません。(ちょっと回りくどかったかな)


そしたら、

そこまではっきり、意図を説明されて紹介されたわけではないけど、僕も年齢が年齢なだけに、女性と会う時は結婚を意識していることは否定出来ません。楽しく会うだけじゃダメなのかな。


あらら、遠回しに断わっているのに・・・。


だから、結局、彼氏がいる事をはっきり言いました。

どんなに近くに良い人がいても、私には遠くに入る彼が一番なんです。
と。


言いにくい事言わせてしまってごめんなさい。頭の中、整理出来たらまたメールします

何をまたメールするの?



叔母さんにじゅん君の存在を話していなかったから、男性を紹介されてしまった事は私の責任です。

でも、私の両親には、2人が準備出来たら話すと決めていたので、親に話さず叔母さんには話せなかったのが私の言い訳です。


親との付き合い方も人それぞれ。


彼の事なんでも話して相談し合う親子も入れば、結婚が決まるまで紹介しない人だっている。はたまた、結婚します!!って話が初対面だってこともある。

いくら韓国人男性に兵役義務があって、留学する人が多かったとしても、私の両親にとっては、そんなことは関係ありません。今、彼がどんな状況なのかが重要なのです。

いきなり、日本人ではない上に学生だって知ったら・・・。

だから、せめてじゅん君がちゃんと就職するまでは両親への紹介は控えようと決めたのです。


じゅん君の事も、全部はっきり伝えた。

この人に取っては、想定外の事で受け入れられなかったのかわわからないけど、

僕の中で結論を考えていますと、てか、今更結論って。

高学歴で、あたまガッチガチなのかな。予期せぬことが起きるとパニックにでもなるのかな。私としては・・・って感じです。一度は紳士的に身を引いてたのに、じゅん君が韓国人だってわかったからなのか、条件が自分の方が良いと思ったのか、なぜか若干終わらせていただけてないのが心残り。

とりあえず、私からはもうメールしない事にしました。

全部すっきりしたらじゅん君に話そうか、言わぬが仏で自己解決するか少し迷っています。話せば自分は楽になるけど、じゅん君は少し傷付くかも知れないから・・・・。



今まで、心配かけて、やっと今の仕事、生活を手に入れて。親もちょっとは安心しているのかな。
アメリカから帰国して、思うように先に進めなくて、たくさんの人達に心配かけていた約2年前。父に言われた一言が今でも心に残ります。

みかんには、どんなことがあっても実家には戻って来て欲しくない。(仕事がないからって出戻って来て欲しくない)大学出て、あんなに良い会社に入ったのに辞めて、留学までしたのに、正直かっこ悪い。

そこまで言われました。父なりの私に対する期待と、優しさから来る言葉だったと思います。それを言った後、父は涙を流していました。私は涙をこらえるのに必死で、本当に辛かったですね。

あれからもうぐ2年が経とうとしています。

まだ一度も実家には帰っていません。(会う機会はありましたが)

今でも当時の事を考えると、涙があふれそうになるので、考えないようにしています。

そんな思いから、じゅん君の事はもう少し後で紹介しようと決めたのです。

逆に、そんな私の一方的な考えで、紹介されたあの人を誤解させる事になってしまいました。

だけど、今更そんな事を言われた彼はきっと気分を害しただろうな。 ごめんなさい。





それでも、やっぱりじゅん君は私にとって大切な人。

目の前に親がすぐに安心するような条件の良い男性がいたとしても、今の私には彼以上の人はいません(未来は誰にもわかりませんけどね・・・)


スポンサーサイト
[ 2010/09/23 02:24 ] -私の事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seamotty.blog10.fc2.com/tb.php/252-142becde








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。