スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8月の韓国⑤3日目、けんか。 

3日目も後半です。

翌日は帰国だと思うと、寂しくなってくるのがこの頃です。

タイトルのけんか。と言っても、小さな衝突は今まで何度もあったけど、大げんかは今までに一度だけ。2年前の8月に韓国で。


じゅん君の家を出て、一度ホテルに戻り一休み。これからどこへ行こうか?という本当に計画のなかった今回の訪韓。


韓国版グルナビのような、wingspoonと言うアプリで近場のオシャレで美味しそうなカフェを探して、カロスキルに決定。 

wingspoonはPC版もスマートフォンアプリもあります。韓国語オンリーだけど、使い方も簡単。私のハングルレベルでもなんとか検索出来ます。

カロスキルは昨年の3月ぶりです。


まずは、メイン通りを散策。気になったお店に立ち寄っては、2人でワイワイしながら商品を物色。

じゅん君は、ファッションにも疎いし、ましてや女の子のファッション、メイクなんて知るわけもないのに、一生懸命、私のファッションアドバイスをしてくれました(笑)


アニマル柄の靴を見ていたら

あ、ダメ。動物の模様はダメ!みかんにはまだ早すぎる。
(早すぎるって、じゃあ何歳になったらお許しが出るんだ?しかも動物の模様って・・・)


みかんは、シンプルでカワイい服が似合うと思うよ。これは、ダメ、あ、これは良いね

なんて、いいながら私は大爆笑。

きっと、私が退屈しないように頑張ってくれていたんだな~って思います。センスは乏しいけど・・・



カロスキル。雰囲気は独特で、オシャレなお店がいっぱいあるのですが、お店によっては店員さんの対応が悪いと感じるところもありました。

1件、気に入った服があったので、サイズを出してもらっていざ支払おうと思ってカードを出したら、現金のみと言われる。

理由:セール品だから

じゃあ、そう書いておけよ!

韓国ではよくある事で、小額の商品はカード支払いに手数料分商品価格を上乗せされることが時々ありますよね。
今回も結局のところそんな理由だったのはわかりますが、なんか態度にもカチンと来て、じゃあいらない!ってその場をそのまま立ち去りました。

じゅん君は、現金ないなら僕持ってるよ。

そう言う問題じゃない。買い物は気分よくしたいから、この服切るたびに思い出すのはいやだからいらないの!!とイライラをじゅん君へぶつけながらお店を後にしたのでした。


カロスキルに到着したのが既に遅かったので、この頃はもうショップは閉店しはじめていました。調査していたカフェには行かず、メインストリートの大きなオープンカフェに入って一休みする事に。

この時点で、食べる場所が決められないじゅん君にイライラ。決定権をじゅん君に委ねてもこんな感じ・・・。


カフェで少し休んで話をしている時に発覚した事実でちょっとけんかになりました。




実は、以前じゅん君は一人暮らしのアパートに空き巣が入って大切にしていた一眼レフのカメラを盗まれてしまいました。別に保管していたオプションの立派なレンズは無事だったのですが、そのレンズを必要ないからと友人に20万ウォンで売ってしまったのです。それはもう仕方ない事だし、じゅん君のお金で買ったものだからそこまで反対はしませんでした。

でも、約束したのは

何に使った変わらなくなるようなものには使わないでね。
大切に形に残るものに使ってね。
私が韓国に来る時に使ったりはしないでね。



なのに、カフェで休んでいる時に、なんとなくきいたら

実は、今回みかんと僕の友達に会ったりして使っちゃった。


約束したじゃない!!!どうして、使っちゃうの??私が来るのにお金がなくて使っちゃったの?そんなことに使われても嬉しくないし、私が韓国に来る事が負担になってるんだったら私も嫌だよ。正直に言ってくれれば、2人のお財布の状況合ったデートだって出来たはずなのに。


ごめん。僕が悪い。

僕が悪いって、謝ればいいってもんじゃないでしょ。じゅん君はいつもそうだよ。私が怒ると謝って済ませようとする。



そう言えば、私が到着した日に、お母さんに到着の報告連絡してた時

(多分、お金を心配するお母さんに対して)

大丈夫、大丈夫、お金はあるから心配しないで(
このくらいの韓国語なら私にもなんとかわかった)

と、言っていた。そのあると言っていたお金って、レンズを売ったお金じゃないかい!!


ずっと怒り続ける私にじゅん君もイライラして、一時気まずい状態に・・・。カフェで無言。


じゃあどうすればいいの!?

謝ってる僕が何も考えてないと思うの?僕が悪いから何も言えないからこうして謝ってるのに。その意志は無視なの?



私もごめん。だけど、約束した事を簡単にやぶらないで。大した事じゃないかも知れないけど、約束は約束でしょ。
(ってゆうか、じゅん君は小さな約束はすぐ忘れてしまうようです。私が行って初めて気付くような感じ)


みかんの気持ちわかった。ごめんね、みかん。

という感じで取りあえず一件落着。

私たちの約束事で、これはじゅん君もちゃんと覚えてて守ってくれていること。

ケンカしても無視しない。



さて、最後の夕食は・・・・

結局、ケンカにカフェで時間を費やしてしまったので、2人で話し合った結果、ホテルに近い江南に戻ってする事にしました。それでも、少し雰囲気のいい場所にしようと、wingspoonでヒットしたお店に行きました。

NOLITA gardenというパスタのお店。

江南駅6番出口から歩いてすぐの雑居ビルの中にあるので見つけにくいのですが、入ってビックリ。

想像以上に雰囲気が良くて最後の2人だけの夕食にぴったりでした☆

じゅん君が注文したパスタ。
th_CIMG0244.jpg

私はこれ。
th_CIMG0251.jpg

th_CIMG0249.jpg

ハウスワイン。じゅん君の飲みかけを奪って飲んでしまった・・・。
th_CIMG0252.jpg


ここで、今回の4日間を振り返って反省してみたり、これからの事を話してみたり、とても良い時間になりました。

頑張っても就職が決まらなくてもどかしいじゅん君。きっと、口にしている以上に本人が一番辛いんだろうな。自分も一時期、無職でもがいていた時期があったからわかる気がするし、私が何も言わなくてもきっとプレッシャーを感じているだろうから、何か言っちゃうと余計に重荷になるよね。そこは我慢して応援の言葉をかけました。

私は私で、今、日本で、東京で仕事に人間関係に生活に、不自由している事はなく人並みには生活して行けていることには感謝しています。じゅん君と一緒になる気があるなら、いつか韓国で生活する事になる可能性だってある。その時に、今の生活を全て捨てて(もっと違う表現ないかな)じゅん君との生活の為に異国の地に飛び込む事は出来るだろうか。じゅん君だけを頼りに韓国で生活をして行ける自信が今の自分にはありません。
もしも、うまく行かなかったとき、きっとじゅん君を責めてしまいそうだから。

何から始めたら良いのかわからないのが正直なところだけど、自分の力でも韓国で生活して行けるだけの準備をしなきゃね。

そんな事まで話しました。


一緒にいたいと思う気持も大切だけど、その為に私たちが努力すべき事、まだまだたくさんあるから、諦めないで頑張って行きたいです。



入店が遅かったので,閉店時間がきて店を後にしました。




このホテルはリーズナブルなのに、ちゃんとバスタブも清潔で、疲れを取るためお湯を溜めて毎日入っていたのに、疲れ過ぎてシャワーで済ませました。

お決まりの、シートパックで肌のお手入れ(毎日私がするのを見て、じゅん君もやりたいと言い出したので、men's用を買ってあげました)

th_CIMG0254.jpg


3日目の夜は、このまま眠ってしまい、夜中に目が覚めた時にはパックが乾いていた!!!
スポンサーサイト
[ 2011/09/21 20:01 ] ー2011.8 韓国  | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seamotty.blog10.fc2.com/tb.php/336-a4d1ef30








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。