スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お礼とか、あいさつとか。 

私も気を付けてることではあるのですが、仕事でもプライベートでも、お礼とかあいさつの一言って大切だと思う。

仕事ならお客様や取引先に、プライベートなら友人、知人、家族など。

何気ないその一言、ひとアクションを迅速にできる人って大抵仕事ができたり、よい友人が多かったりする。あくまで、私が出会った人の中での統計ですが。

仕事だと、仕事なんだから当たり前のことをやってるだけなんだけど、期待してはいない分、お礼の一言をメールでも電話でももらえると、うれしくなるし、またの機会があったら優先して対応してあげたくなるのが、単純だけど人間の心理ってものです。

友人や家族なら、何か贈り物が届いたときや、時間を割いて会って話を聞いてくれたときなどなど。
とにかく、何かしてもらったり、好意を受けたときはのお礼の一言はマナーだと思うんですよ。その一言だけで、次も無償で何かしてあげたい気持になる。


幸いにも、私の周りの大切な人たちは、そういうことができる人がほとんど。わたしはいつも見習いたいと思うほど。

音信不通?って思うほどしばらく連絡取らなくても、そう言う人たちとは信頼関係が出来ているから、交流は途絶えないんですよね。


親しい人には連絡怠ったりしてしまうんですが、返事の一つでもしなさい!と怒られてしまいます。親しいから言ってくれるんですよね。それも、それは出会った当初にお互いそんな気遣いを大切にして信頼関係を築いてきたから。
付き合いが浅いと普通はここで途絶えてしまうんですね。

仕事のできる人は、意識してるかどうかはわからないけど、業務以外のそんな些細なことができるんです。
それが、人を動かす力になって、仕事も効率があがり信頼関係ができるんですね。出来る上司はたいてい、厳しくても部下には労いの言葉を忘れない。

私はまだまだですが、意識して心がけるようにしています。


私が尊敬する身近な社会人の先輩は、ずばりお兄ちゃん。

何年か前、当時の仕事をやめる前から留学するまでの一年くらい、兄夫妻の家に居候させてもらってたことがあって(今思うと迷惑な妹)、時間が合うと職場まで車で送ってもらっていました。車中、仕事の話を面白おかしくしてくれる兄の話は本当に楽しくて参考になったものです。当時は何気に聞いていたのですが、今思うと要所要所に、仕事ができる大人要素がいっぱいあったのです。

ー誰よりも早く出勤する。
ーいやな事ほど迅速に対応する。
ー後輩や部下に仕事を任せたなら、何かあったときは出る幕。
ー怒らず、しかる。
ーメールはその日のうちに返答する(例え結果が出ていなくても、経過報告する)
ー寝る間を惜しんで仕事に必要な資格勉強。

などなど。今考えると当たり前の事を、兄は継続して自然にやっていたんだな~とわかりました。そんな兄はやっぱりどんどん出世して、本社で表彰されたり・・・。
でも、私や家族の前では、おちゃらけてみせたりするのに、努力している事を表に出さない。

頭が下がります。

そして、実に軽い口調だったりもするんですけど、かならずお礼の言葉が付いて来るんです。

サンキュ。どうも。あんがと。助かりましたetc...




だから部下が信頼してついてくる。とても信頼出来る良い友人が多い。

身内ながらに尊敬します。
今のところ、兄以上に尊敬出来る身近な社会人はいません。

子供の頃から、第二の保護者のように何かあれば兄が出てきてくれたような気がします。職がなくてもがいていた時に何も言わずに経済的な援助してくれたのも兄。(もちろん完済しましたよ!)

彼のようには到底なれないけど、違った方面で信頼されて、良い人達に囲まれるような人になりたい物です。

しばらく会ってないけど、会うたびに会社でのポジションが変わっている兄。今はどんな肩書きなんだろう・・・。

ちなみに、この兄はじゅんくんの、事を知らない方の兄です。

あれ?もしかして私ブラコン?
スポンサーサイト
[ 2012/06/08 00:21 ] ★独り言★ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seamotty.blog10.fc2.com/tb.php/416-07619a89








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。