スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

3日目②☆いよいよ顔合せ 

予約の時間より早目に私は両親とお店へ。

もともと、みかん家族が、じゅん君家族よりも早く到着するようにって打ち合わせていたんです。それでも、かなり早く付いちゃったみかん一家。

お店自体、オフィスビルの中に入っているので、カフェなんかも落ち着いた雰囲気であったのですが、日曜なので閉店が早くてはいれず、30分も早くお店に入れてもらいました(笑)


席はどこがいいかな?

荷物はどうしようか。

何度か移動したりして、じゅん君一家の到着を待ちました。



じゅん君たちも、10分前には到着。



始まるとあっという間でした。



第一声の「アンニョはせよ」「初めまして」から、どちらの両親も終始にこやかでした。


じゅん君は通訳担当でもあったので、何かを食べようと箸を付けると、口に運ぶ前に、はい、通訳ってタイミングになって、その度に丁寧に箸を置いて通訳してた(笑)

美味しい料理に、普段あまりたくさん食べないじゅん君のお母さんも全部食べてくれていてホッとしました。

北海道らしく、ウニ専門のお店でお任せの会席料理。

ウニが実は苦手な私も美味しいかも?!と思う程新鮮なウニでした。




















肝心な顔合わせの中身ですが、正直あまり覚えてないです(笑)

結局は全てうまく行ったのですが、私の両親が失礼な事言わないかとか、文化の違いであちらの両親との間に誤解が生じたらどうしようとか、小さな事にドキドキしながらその場が和やかに過ぎていく事だけを願っていました。

席に着いて乾杯して早々、じゅん君のお父さんがいきなり本題に入った。

あなた、まだ早いんじゃ?と言わんばかりに、お母さんが笑ってた笑ってた。

結局、前日にじゅん君と私の両親と四人で打ち合わせた通りの流れで、じゅん君のお父さんがリードしてくれて意思確認を正式にしたと言った感じ。

ジュンソク一家はこう考えて結婚を勧めていこうと思いますが、みかん一家はどう思いますか?と言った感じです。

打ち合わせ通りの話で、予想通りの流れだったので。ここはホッとしました。


ただ、その間、何度も何度も私のお父さんが、私と彼のお母さんとのことに触れていた。


みかん父 : みかんやじゅん君からいろいろ話を聞いて、じゅん君のお母さんに本当に良くしてもらっていることが分かって、本当に安心しているし、感謝しています。

結婚すると、相手と同じくらいお母さんと接することが増えるし、大切だと思う。だからこそ、お母さんに気に入って可愛がってもらって、みかんは幸せだと思います。


きっと、私の母がお嫁に来て、東京を離れて、北海道の片田舎で色々苦労したから。とくに、義父母との関係がね。そんな姿私たちには全く見せず、大人になってから聞かされた程ですが。私にはそんな苦労をさせたくない親心なんだと、直ぐにわかりました。(あ、みかんのママは生まれも育ちも東京の下町っ子なんです。江戸っ子ね。みかんが生まれて、間もなくお父さんの故郷北海道へ移住)


後半は、お互いの国のこと(歴史、政治ではないです)、家族のことなど、たわいもない話をしながら、穏やかに過ごしました。

お店を出た後は、私達が泊まっていたホテルのあの、ラウンジでみんなでコーヒーを飲みながら少し話して、お開きとなりました。


左からじゅん君の両親、みかんの両親、私とじゅん君。




毎日の事でしたが、この日は特に疲れがどっと出て、まずはじゅん君が部屋に戻って速攻寝てしまった。

私は、お風呂に入ろうとお湯を貯めるも、眠気に勝てず、そのまま朝までぐっすり・・・


きっと2人とも気疲れしたんだろうな。

でも、これで今まで以上に、また大きな一歩前進となりました。


無事に終わってホッとした2人。じゅん君はこの後、秒殺で爆睡。





********************************

今思うと、両親とこんなにも時間を一緒に過ごしたのは本当に何年ぶりだろうと思いました。大学卒業してから、両親と会うのは、多くて年に2回、最近では1年に1回会うか会わないか。家族が揃ったとしても、なんせ兄弟が多い上に、結婚している兄弟たちのお嫁さん、旦那さん、そしてその子供たちですごい人数になってしまうので、やぱりゆっくり両親と話なんて出来ないんです。

昨年の夏に北海道へ帰った時も、じゅん君と一緒だったので、そこまでじっくり話した記憶がありません。そう考えると、会社辞めて留学する前に2ヶ月くらい実家に戻っていた7年前くらい以来。

きっと、他の兄弟たちも結婚する節目で、こうやって両親と話し合ったり、時間を過ごしたんだろうな。いつも、お兄ちゃんたちのことばかりで、私のことなんて気にもかけてないんだって、すねた事もあったけど、他の兄弟たちも同じことを思ったんじゃないかと気付きました。

今までもほとんどなかったけど、こうやって両親とゆっくり過ごす事が出来る機会って、あとどのくらいあるんだろう。まだまだ元気な両親ではあるけれど、これからは出来る限り両親との時間を作りたいと思います。会う事はなかなか出来ないけど、電話とかね。今までも年に何回か連絡する程度だったので、月一回くらいは電話するようにしよう(それでも少ないかな)


そんなことを考えた顔合せなのでした。
スポンサーサイト
[ 2013/04/02 23:29 ] ー顔合わせin北海道 | TB(0) | CM(2)

Re: 良かった!

あほみさん。

いつもコメントありがとうございます。
ほんと、緊張しましたが、うまく行って良かったです。これで、お互いの両親の許可はクリア!認められて結婚できることがどんなに幸せな事か身にしみました。どちらの両親にも感謝したいです。


後は仕事をどうするか、手続きはどうするか、と言った具体的な部分をどうするか進めていかなければ・・・。日本の結婚より準備期間が少なくて既に少し焦っています。

あほみさんも、彼の兵役が終わったらきっとあっという間に・・・v-344 遠距離恋愛が懐かしくなる日がやってきますよv-351
[ 2013/04/06 12:28 ] [ 編集 ]

良かった!

無事ご両家の顔合わせが済み、ほっと一安心ですね(*^^*)

じゅんくんご両親のみかんさんを大切にしてくださっている気持ち、みかんさんご両親のみかんさんを本当に愛されてる想い、ひしひしと伝わってきました。

みかんさん、本当に幸せですね(*^^*)

じゅんくんご両親の想いも伝わり、きっとみかんさんご両親は少なからず抱かれていたみかんさんを異国に嫁がせることへの不安が減ったのではないでしょうか?

みかんさんの幸せな気持ちが伝わってきて、私まで幸せな気持ちです(*^^*)

幸せのおすそわけ、いただきました(^q^)笑
[ 2013/04/04 18:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seamotty.blog10.fc2.com/tb.php/499-c96488cf








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。